ここから本文です

ケイト・ハドソン、インスタグラムでヌード披露!

cinemacafe.net 7月4日(月)18時11分配信

ケイト・ハドソンが自身のインスタグラムでヌードを披露した。

これまでにもキム・カーダシアン・ウェストやクリッシー・テイゲンらセレブたちがインスタグラムでヌードを披露したことで物議を醸してきたが、ケイトもそれに続き、週末がやってくることへの喜びを表現するべくヌード写真を投稿した。

【写真】ケイト・ハドソン/フォトギャラリー

片方の手を腰に、もう片方の手を頭の上にかかげ、薄暗い部屋の中で一糸まとわぬケイトの後ろ姿が写ったその写真には「もうすぐ週末だから嬉しい」とコメントが添えられている。

そんなケイトは自身の体を誇りに思っていることをよく口にしており、「プリティ・ハッピー:ヘルシー・ウェイズ・トゥ・ラブ・ユア・ボディ」という本も出版している。そして以前には、「これがいいって強く思えることを楽しむプロセスをスタートすることに、遅すぎるということはないのよ」とありのままの自分に自信を持つことが大切だと語っており、自分自身の体を大事にすることは母に教わったと続けていた。

「母はいつも女性の体を祝福していたわ。そのおかげで私は自分の体に自信を持つことができたの。だんだんと自分の体が大人の女性になっていくとき、それが祝福されているんだって感じたからね」。

さらにケイトは自身の家族がいつも裸でいることを好んでいたことから、いまも裸でいることが好きだと続けており「私の家族はずっと裸でいることが普通なの。だから私も服を着ているより裸でいるほうが好きね。家に帰るとすぐに裸になりたくなるもの」「ダンサーの人ってね、自分の体をとても心地よく思っているのよ。私の母もダンサーだったからね」と話していた。

(C) BANG Media International

最終更新:7月4日(月)18時11分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。