ここから本文です

谷原、リオ五輪出場に消極的 治安に不安…松山も思案中?「あいつも悩んでいる」

デイリースポーツ 7月4日(月)7時0分配信

 「男子ゴルフ・セガサミーカップ・最終日」(3日、ザ・ノースカントリーGC=パー72)

 谷原秀人(37)=国際スポーツ振興協会=が2バーディー、2ボギーの72で回って通算14アンダーで逃げ切り今季初優勝、ツアー通算12勝目を飾った。リオ五輪については「身の危険を感じてまで行く気はしない。テレビでの怖い情報しかない。強盗とか。これが日本や米国なら出たいと思うが」と話し、現段階では仮に出場権が回ってきても参加しない意向を明かした。

 ゴルフの五輪代表は各国2枠で、11日付の世界ランキングの上位2人に権利が回ってくる。前週段階で谷原は松山、池田、片山に次ぐ日本勢4番手だが、今回の優勝でジャンプアップが濃厚だ。6月の全米オープンでは松山とも話をしたそうで「あいつも悩んでいる。日本人の1番手として相当な葛藤があるようだ」と話した。

最終更新:7月4日(月)7時26分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。