ここから本文です

「青エク」再びアニメ化!京都編が2017年に放送

シネマトゥデイ 7月4日(月)13時36分配信

 人気漫画「青の祓魔師」の新作テレビアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」が、2017年に放送されることが決定した。7月3日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで開催された「Anime Expo 2016」のパネル「“BLUE EXORCIST”5th Year Anniversary Panel」内で発表された。

【画像】2017年からの新シリーズ!「青の祓魔師 京都不浄王篇」から

 「青の祓魔師」とは、魔神の落胤(らくいん)である少年・奥村燐が自分を救ってくれた養父の仇を討つため、悪魔を払う「祓魔師」になるべく、弟である雪男が教師を務める祓魔師養成機関・祓魔塾に通い仲間たちと奮闘するさまを描いた少年漫画。2011年にテレビアニメ化、2012年には映画『青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版』も作られ、コミックス発行部数は累計1,500万部を突破している。

 そして今回発表された新作「青の祓魔師 京都不浄王篇」で描かれるのは、原作漫画の5巻~9巻に収録されている長編エピソード“京都編”。地の王・アマイモン襲撃の際に、魔神の血を引いていることがバレてしまった燐は、仲間たちから距離を置かれてしまう。そんな中、学園最深部に封印されていた「不浄王の左目」が何者かに盗まれてしまい、燐たちは予期せぬ事態に巻き込まれていく。監督は映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』などの演出を務めた初見浩一が担当する。

 公式サイトでは特報映像や、引き続き燐と雪男の奥村兄弟の声を演じる岡本信彦&福山潤のメッセージ映像も公開。その中で岡本は、「今回も命を懸けて(声を)張ろうと思います。その結果収録できなくなったらすみません。でもそれぐらいの意気込みでやらないとみなさんには届かないと思うので、命を懸けてやりたいと思います」と語っている。(編集部・井本早紀)

テレビアニメ「青の祓魔師 京都不浄王篇」は2017年に放送

最終更新:7月4日(月)13時36分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。