ここから本文です

ミラン、経験豊富な元レアルDFをフリーで獲得か

ISM 7月4日(月)16時46分配信

 ミラン(イタリア)が昨季限りでレアル・マドリー(スペイン)との契約が満了となったDFアルバロ・アルベロア(33)の獲得に関心を寄せているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間3日に伝えている。

 アルベロアはレアルで2度のチャンピオンズリーグ優勝や1度のリーガ・エスパニョーラ制覇を経験。スペイン代表でも2度のEUROや1度のW杯優勝を知る経験豊富な選手で、サイドバックとして両サイドでプレー可能。レアルと昨季限りで契約満了となっており、今夏、フリートランスファーで獲得できる。

 ミランは同選手に強い興味を示しており、伊『レプッブリカ』によると年俸200万ユーロ(約2億3000万円)の2年契約をオファーしたという。

 アルベロアはこれまで、レアルやデポルティーボ(スペイン)、リヴァプール(イングランド)でプレーし、計356試合に出場している。

最終更新:7月4日(月)16時46分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。