ここから本文です

メルセデス Cクラス カブリオレ 新型、生産開始…ドイツ

レスポンス 7月4日(月)11時45分配信

ドイツの高級車、メルセデスベンツは6月中旬、ドイツ・ブレーメン工場において、新型『Cクラス カブリオレ』の生産を開始した。

画像:ドイツ2工場で生産開始の新型メルセデスCクラス カブリオレ

新型Cクラス カブリオレは2016年3月、スイスで開催されたジュネーブモーターショー16で初公開。新型『Cクラス クーペ』をベースに開発された4シーターのオープンカー。365日、季節を問わず、快適なオープン走行の実現を重視している。

ルーフは、ソフトトップ。全自動で開閉し、開閉時間は約20秒。走行中でも、50km/h以下なら開閉できる。ソフトトップの色は、ブラック。オプションで、ダークブラウン、ダークブルー、ダークレッドが選択可能。ソフトトップの構造は、新型『Sクラス カブリオレ』と共通で、優れた静粛性や耐候性を持つ。

また、新型Sクラス カブリオレと同じく、「エアキャップ」を装備。これは、フロントウインドウ上部のディフレクターで空気の流れを上方に高く跳ね上げるとともに、後席上部中央にドラフトストップを設置することで、後方からキャビンへの風の巻き込みを低減する。

6月中旬、ドイツ・ブレーメン工場において、新型Cクラス カブリオレの量産第一号車がラインオフ。ダイムラーのメルセデスベンツ乗用車の生産担当、マルクス・シェーファー取締役は、「新型Cクラス カブリオレは、情感にアピールする魅力的な車。ブレーメン工場での生産開始は、成長戦略の象徴」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月4日(月)11時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]