ここから本文です

<参院選>那覇市選管、期日前投票で用紙を誤交付 無効の可能性

沖縄タイムス 7/4(月) 22:05配信

 【那覇】那覇市選挙管理委員会(唐眞弘安委員長)は4日、参院選の期日前投票で担当職員が沖縄県選挙区と比例代表の投票用紙を取り違えて交付するミスがあったと発表した。市選管によると、交付されたのは26人(男性11、女性15)で投票された用紙は無効となる可能性が高い。市選管の唐眞弘安委員長は「投票された皆さまに深くおわび申し上げます」と陳謝した。
 市選管によると、ミスがあった投票所は市役所真和志支所。4日午前8時45分ごろ、臨時の担当職員が1人で交付機2台(選挙区・比例)に投票用紙をセット。その後、用紙が正常にセットされているか責任者である市職員の管理者らでチェックを行うが、確認を怠っていたのが原因とみられる。
 投票開始の午前9時から7分後、別の臨時の担当職員が用紙の誤りに気づき、正常な形に戻したという。市選管の川満幸弘事務局長は「我々の指導が不十分だった。管理者が従来取るべき確認が取られていなかった」とした。
 ミス発覚を受け、参院選沖縄選挙区の各陣営からは「有権者の権利を守るのが行政の仕事だ」と厳しい指摘が相次いだ。
 自民公認で現職の島尻安伊子氏(51)=公明、維新推薦=の選対本部で事務局長の島袋大県議は「民意を託す貴重な1票をないがしろにした。しっかり原因を追及すべきだ」とした。
 無所属新人の伊波洋一氏(64)の選対本部で事務総長を務める大城紀夫連合沖縄会長は「有権者の権利を奪ったことになり、非常に残念。チェック体制を厳しくすべきだ」と語った。

最終更新:7/4(月) 22:05

沖縄タイムス