ここから本文です

【リオ五輪選手団壮行会】競泳・池江がケンブリッジに“告白”

東スポWeb 7月4日(月)16時40分配信

 競泳女子の池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)が“妹キャラ”で陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥(23=ドーム)をタジタジにさせた。

 壮行会後、ケンブリッジ、陸上の桐生、体操の白井のヤング世代4人で取材に応じた池江は「グッと来た他競技の選手」について、6月の日本選手権100メートルを制したケンブリッジの名前を口にした。日本選手権をテレビ観戦していたことを明かすと、直球で胸中を告白。「すごい格好いいと思いました。テレビで見ていて『走っている姿はこんな格好いいんだな』って感動しました」と目線をケンブリッジに送った。リオで日本競泳陣最多の7種目にエントリーしているシンデレラガールからの突然の“指名”に、ケンブリッジは「一気に汗が…」と顔を紅潮させて大照れ。池江の顔を直視できず「うれしいです」とはにかむしかなかった。

 池江は50メートル、100メートル自由形、100メートルバタフライで日本記録を持つ。競技は違えど、ともに日本を代表するスプリンター同士だけに、“生対面”で大いに刺激を受けた様子だった。

最終更新:7月4日(月)16時44分

東スポWeb