ここから本文です

櫻井翔と滝沢秀明“不仲説”の真相…20年の確執とは?

シネマトゥデイ 7月4日(月)15時2分配信

 嵐の櫻井翔が司会を務めるTBS系バラエティー番組「櫻井・有吉THE夜会」の14日放送回に、タッキー&翼の滝沢秀明が出演、一部でささやかれてきた2人の“不仲説”の真相に迫る。

 同じジャニーズ事務所に所属する櫻井と滝沢。1982年生まれの同学年、滝沢が半年先輩とはいえ、ほぼ同期の2人だが、約13年間バラエティー番組での共演はゼロ。そんな影響からか、一部ファンの間では、2人の不仲説まで噂されていた。

 この日の放送に、滝沢がドラマ「せいせいするほど、愛している」(7月12日放送開始)で共演する武井咲と共にゲストとして登場する。不仲説を受けて有吉弘行が、2人の歴史やデビュー当事共演していた過去の映像などを分析。不仲説の真相を暴こうと試みると、知られざる事実が次々と明るみに出る。

 さらに番組では不仲説を払拭するため、櫻井と滝沢2人きりのロケを敢行。テレビはもちろん、プライベートを含めても初めてのサシ飲みに、個室で2人きりになると、櫻井も滝沢も初めは少し緊張気味であったが、事務所の後輩である生田斗真や風間俊介からの手紙などをきっかけに徐々に心を開き始める。

 それぞれの互いへの想い、若かりし頃の2人が秘かに抱えていた葛藤など、10代の頃は上手く気持ちを伝えられなかった2人が、30代の大人になった今だからこそ本音を語る。そして20年間にわたる確執の真相が初めて明らかとなっていく。(編集部・小山美咲)

滝沢がゲスト出演する「櫻井・有吉THE夜会」はTBS系にて7月14日よる9時57分~放送

最終更新:7月4日(月)15時2分

シネマトゥデイ