ここから本文です

Facebook、メッセンジャーbotに選択ボタンなどの新機能 1万以上のbotが稼働中

ITmedia ニュース 7月4日(月)11時24分配信

 米Facebookは7月1日(現地時間)、「Facebook Messenger」(以下メッセンジャー)内でユーザーと会話するbot、「bots for the Messenger Platform」の新機能について発表した。

【その他の画像】

 同社は4月の開発者会議「F8」でこのbotのためのプラットフォームをMessenger Platform(β)の一部として発表した。企業やブランドはbotでユーザーと会話することで、例えば商品を販売したり、ユーザーサポートを行ったりできる。既に1万1000のbotが公開されており、2万3000以上の開発者がbotエンジンのWit.aiに登録しているという。

 今回発表された主な新機能を紹介する。

ユーザーが1タップで反応できるボタンとメニュー

 「Quick replies」は、botからの提案や質問にユーザーが答えやすいように最高10個までのボタンをカルーセル状に提示する機能。例えば動画ストリーミングサービスのbotは、「どんなジャンルの映画が好きですか?」という問いと同時に画面下部に「アクション」「コメディ」「ドラマ」などのジャンルボタンを表示することで、ユーザーにジャンルを指定させることができる。

 「Persistent menu」は、ユーザーに最高5つまでの行動を選ばせるメニュー。例えばオンラインショップのbotで「買い物をする」「バーゲン」「人気商品」「ヘルプ」を選べるメニューを表示できる。メニューはメッセンジャー画面の左下の[≡]をタップすることで表示する。

GIF、音声、動画、ファイルの投稿が可能に

 botがGIFアニメ、音声、動画、ファイルを投稿できるようになった。音声と動画はメッセンジャー内で自動的に再生される。

ユーザーアカウントのリンク

 botを利用するユーザーのアカウントを自社のメッセンジャーアカウントに接続することで、各ユーザーに対してよりパーソナライズした会話を提供できる。この機能はユーザーにオプトイン(初期設定では無効)で提供される。

ユーザーからbotの評価機能

 ユーザーは、botをミュート(新しい会話の開始を非表示にする)することと、レーティング(評価すること)ができるようになった。レーティングは★の5段階評価とテキストによるフィードバックで、結果は開発者のみがdevelopers.facebook.comのダッシュボードで見られる。

 この他の同日追加になった新機能については開発者ページにまとまっている。

 Facebookは同日、開発者向けにMessenger Platformの公式ブログも公開した。このブログでは、新機能の他、ベストプラクティスやTIPSなどを紹介していく。現在、米TechCrunchのbotが成功例として紹介されている。

最終更新:7月4日(月)11時24分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]