ここから本文です

【CBC賞】ファルクス豪脚で重賞初V 砂も芝もOK…スプリント界に新星

デイリースポーツ 7月4日(月)7時0分配信

 「CBC賞・G3」(3日、中京)

 声援の待つ真っすぐな直線。内で粘る2頭に外から芦毛馬が襲いかかる。最後に歓声を一身に浴びたのは、メンバー最速の上がり3F32秒7で突き抜けたレッドファルクス。この勝利で中京芝は3戦3勝。舞台巧者ぶりを存分に発揮して、重賞初Vを決めた。

 「ダートも芝も使ってきてこの速い時計(1分7秒2)ですからね。驚きました」。14年に中京芝で未勝利を勝った時以来、約2年3カ月ぶりのタッグとなったM・デムーロだが、ずっと注目して映像をチェックしていたという。それでもレコードでの快勝劇は、想像すらしていなかった。

 最強の相棒ドゥラメンテが宝塚記念を最後に引退。ともに凱旋門賞へ、という夢はついえた。それだけに変わらぬエールが身に染みる。「ミルコ!ミルコ!とパドックで応援してもらったことが、すごくうれしかった。ドゥラメンテのことは残念ですが、これからも頑張ります」。自身50勝目となる重賞Vに笑顔を浮かべ、ファンが差し出す色紙1枚1枚にその名を書き込んだ。

 ファルクスの今後について明言を避けた尾関師だが、「まさかこんな時計で走るとは、正直びっくりです」と、ダートでも4勝を挙げる愛馬に大きな可能性を感じたことは間違いない。スプリント界に誕生した新たな星。この先、想像を超える芦毛伝説を紡いでいってくれるかもしれない。

最終更新:7月4日(月)7時36分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ