ここから本文です

俳優イ・ミンホ、虚偽事実の流布・悪質な書き込みに「強力な法的対応」

WoW!Korea 7月4日(月)14時1分配信

韓国俳優イ・ミンホ側が悪質な書き込みに強力に対応するという立場を伝えた。

 イ・ミンホの所属事務所MYMエンターテインメント側は4日、公式facebookに「最近一部のネットユーザーらが、虚偽事実の流布および人身攻撃性の悪意ある掲示物や書き込みなどをポータルサイトやオンラインコミュニティに無分別に掲載し、所属アーティストを誹謗して名誉を毀損するなど違法な行為が続いている。これ以上は見逃すことはできないレベルに達した」という文章を掲載した。

イ・ミンホのプロフィールと写真

 続けて「弊社は、所属アーティストの権益保護のためにアーティストの誹謗を目的とする悪質な掲示物と書き込みを掲載し、虚偽事実を流布するなどの行為に対して積極的に対処し、アーティストの名誉毀損および追加被害事例が発生する場合、収集した資料を根拠に強力な法的対応をする予定だ」と述べた。

 また「表現の自由を保障した匿名性を悪用し、文章を書いて傷つける行為も暴力に該当し、これは明白なサイバー犯罪行為」とし「MYMエンターテインメント所属アーティストの保護はもちろん、健全なインターネット文化の定着のために違法な内容が発見された場合、違法行為者に対して善処や合意なく、関連の法律に基づき正当な代価を払わせる予定だ」と強調した。

最終更新:7月4日(月)14時1分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。