ここから本文です

「怒られる」ドリカム・中村正人が吉田美和の素顔暴露

デイリースポーツ 7月4日(月)8時1分配信

 DREAMS COME TRUEの中村正人(57)が3日夜にテレビ朝日系で放送された「関ジャム 完全燃SHOW」に出演し、ボーカル・吉田美和(51)の“裏の顔”を明かした。

【写真】吉田美和、調子に乗る中村にカチン

 番組は当初「ドリカムの魅力を徹底解剖」するという企画で準備されていたが、中村が打ち合わせで「今の視聴者は本音が見たい」と予定を変更。打ち合わせでの中村の「吉田をぼくがコントロールしてると思ってるけど違う違う」というリアル音声も公開され、番組で本音トークが展開された。

 バンドのプロデューサーで所属事務所の社長も務める中村だが、吉田については「難しい人です。扱いにくい人間ですから」とズバリ。番組ゲストの小籔千豊(42)の「少女がそのまま大きくなった感じ」というイメージは認めたが「ぼくに対しては極悪の極みです」と続けた。隣で「いい人キャラ」を作り続けるのに苦心しており、実はレコーディングでは怒鳴ることも。「(吉田と)音楽的にぶつかるというより、人間的に許せないですね」と思いをはき出した。

 「俺にも歌詩作りさせてよ」というトークテーマでは「30年前に『中村さんには歌と作詩の才能はない』って言われた」とポロリ。音づくりばかり考えて歌詩への理解が薄いと「すごい怒られる」という。WEB展開される最近の音楽の傾向に合わせて、「比喩よりも直接的な言葉で書くのはどう」と提案しても「めっちゃ怒られた」と嘆いた。

 バンドは「音楽の神様が降りてくる」という天才肌の吉田に中村が合わせて曲をアレンジするスタイル。吉田に曲を書かせるために、中村が“ボツにするための曲”を書くという涙ぐましい苦労も明かした。

 一方で、出会った当初に吉田に「週に1度の恋人」という楽曲をアカペラで聴かされ「雷に打たれた感じ」というほどの衝撃を受けたことも告白。「これで食っていこう」と決意したという。売れない時代を一緒に過ごしたことからきずなは深いが「人間としては嫌いでも戦友というか。人間関係ってそういうもんなのかなって」と複雑な思いを抱いている。

最終更新:7月4日(月)22時56分

デイリースポーツ