ここから本文です

【新日・盛岡大会】NEVER王座初防衛の柴田が戦闘マシン化

東スポWeb 7月4日(月)16時40分配信

 新日本プロレス3日の岩手・盛岡大会で、NEVER無差別級王者の柴田勝頼(36)が本間朋晃(39)の挑戦を退けて初防衛に成功した。王者として「G1クライマックス」(18日、札幌で開幕)への出場が決まった柴田は、開幕前にも英国遠征を控えている。上半期だけで7度もタイトルマッチを行い、多忙を極めた王者は「オーバーペース上等」の構えで真夏の祭典へと向かう。

 これが5度目の同王座挑戦となった本間の執念に苦しめられた。こけしロケット2連発から大こけし(場外へのダイビングヘッドバット)と捨て身の猛攻にさらされる。

 さらにはこけしロケットからこけし落とし(変型ドライバー)を浴びてしまうが、正調のこけしは間一髪で回避して反撃に出る。カウンターのエルボーから胸板を蹴り上げると、粘る本間のこけしロケットをスリーパーホールドでキャッチ。そのままPKにつないで3カウントを奪った。

 NEVER王者としてG1に臨むことが決まった柴田だが、開幕まではつかの間の休息もない。8日には自身初となる英国遠征に出発する。「ブラジルのジャングルファイトとかはあったけど、海外でプロレスの経験はあまりないからね。G1までまだ時間はある。英国の経験値をプラスしたい」と柴田は目をギラつかせた。

 今年1月に自身初のシングル王座を獲得して以降、約半年で7戦というハイペースで王座戦を戦った。これは上半期の新日プロで最多の数字だ。柴田はその理由を試合への「飢え」と説明した。

「いろいろな“しがらみ”からの脱却。今、自分が信じられるものは試合しかない。試合で感じたこと、流した汗しか信じられない」。3月からは2005年に一度退団した新日プロに再所属したことで、責任感と同時に負担も増えた。だがリング外の喧騒には耳を傾けず、とにかく試合のみに集中してきた。

 過酷な日程のG1を直前にしても柴田は「死に向かって走ってるんじゃないかとすら思う。ただ止まったら本当に止まってしまう気もする」とオーバーペースを緩めるつもりはない。戦闘マシンと化したNEVER王者は、真夏の祭典でもそのスタイルを貫くつもりだ。

最終更新:7月4日(月)16時40分

東スポWeb