ここから本文です

東京=父島間に新造船「おがさわら丸」が就航

レスポンス 7月4日(月)13時30分配信

東京~父島間を運航する新造船「おがさわら丸」が竣工し、7月2日に小笠原海運の東京(竹芝)=父島航路に就航した。

[関連写真]

「おがさわら丸」は、東京=父島間の約1000kmを航海し、島民や観光客を運ぶ唯一の定期船。島民の生活物資の輸送、農業・漁業産品の移出を担っている重要な航路となっている。

新造船「おがさわら丸」は、1997年から19年間にわたって就航してきた先代・おがさわら丸に代わって、7月2日に父島に向け初就航した。所要時間は25時間半かかっていたものが24時間に短縮された。

津島国土交通政務官は6月29日に開催された竣工記念式典に出席し「引き続き小笠原諸島の振興開発、定住促進に向けた取組を着実に進めたい」と述べた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月4日(月)13時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]