ここから本文です

劇場版「黒子のバスケ」ウィンターカップ総集編、第2・3弾のビジュアル公開

コミックナタリー 7月4日(月)12時29分配信

藤巻忠俊原作による劇場アニメ「黒子のバスケ ウインターカップ総集編」の第2弾「~涙の先へ~」と第3弾「~扉の向こう~」のキービジュアルが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

準々決勝・誠凛VS陽泉戦と準決勝・誠凛VS海常戦を描く第2弾「~涙の先へ~」は、10月8日から21日まで上映。もうひとつの準決勝・秀徳VS洛山戦と、決勝・誠凛VS洛山戦を描く第3弾「~扉の向こう~」は、12月3日から16日まで上映される。

総集編は、テレビアニメとして放送されたウインターカップ編を全3部作で制作。第1弾「~影と光~」は9月3日から16日まで上映される。なお原作の後日譚にあたる「EXTRA GAME」を映像化した完全新作映画も、2017年に公開される予定だ。

(c)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

最終更新:7月4日(月)12時29分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。