ここから本文です

【新日・盛岡大会】小島が出場権譲渡!天山が21度目G1へ

東スポWeb 7月4日(月)16時40分配信

 前代未聞の譲渡劇だ。小島聡(45)が盟友・天山広吉(45)にG1出場権を譲る構えを見せた。

 小島は3日の岩手・盛岡大会で、リコシェ(27)、マット・サイダル(33)と組みNEVER無差別級6人タッグ王座に挑戦。ケニー・オメガ(32)率いる極悪軍団「バレットクラブ」を撃破してベルトを奪取した。

 試合後、小島は「ひと言だけ言わせてください。天山! 出てこいよ」と盟友をリング上に呼び寄せた。天山は「最後のチャンスのつもり」と今夏のG1に向け調整してきたが、先月発表された出場選手枠から落選。不満を爆発させていた。そこへ救いの手を差し伸べたのが小島だ。

「天山のG1への意気込みを一番分かってるのはこの俺だ。天山が最後のG1って言うなら、俺の枠を渡すよ。その代わり、必ず優勝して帰ってこい!」と、何と出場権を譲る意向を明かしたのだ。

 思わぬ申し出に天山は「コジの気持ちはうれしいけど、ほんまに俺が代わりに出てええんか…」と複雑な表情を浮かべつつも「ありがとう。コジの分も頑張るわ」と返答。これにより21度目の出場が確実となった。

 G1には予選や厳密な出場規定がないとはいえ、頭を悩ませてメンバーを厳選した団体の立場はまさにツームストーン…。出場権譲渡については賛否両論が起きそうだが、小島の思いも背負って戦うという天山は「G1で見せるしかない」と不退転の決意を固めていた。

最終更新:7月4日(月)16時40分

東スポWeb