ここから本文です

県産米全国にPR ライシーホワイト5人決定

福島民報 7月4日(月)13時40分配信

 福島県産米を全国にPRするキャンペーンクルー「2016うつくしまライシーホワイト」の選考会は3日、福島市の杉妻会館で開かれ、32代目に鈴木彩夏さん(22)=南相馬市、同市臨時職員=、高木茉友さん(20)=いわき市出身、武蔵野大3年=、斎藤若葉さん(20)=福島市、福島大2年=、唯木耀さん(21)=福島市出身、青山学院大4年=、林優花さん(22)=須賀川市、福島大4年=の5人が選ばれた。
 鈴木さんは「福島のコメのおいしさを一人でも多く伝えたい」、高木さんは「福島を離れて気付いた食や観光の魅力を発信する」、斎藤さんは「生まれも育ちも福島なので県民の思いを代弁する」、唯木さんは「農家の気持ちになって福島のコメを広めたい」、林さんは「祖父母もコメを作っている。天のつぶの魅力もPRする」とそれぞれ抱負を語った。
 5人は1年間、県産米のPRと消費拡大のために県内外のイベントなどで活動する。

福島民報社

最終更新:7月4日(月)13時42分

福島民報