ここから本文です

あばれる君、ポケモン映画に向けた鳴き真似練習「ゴリゴリー!」が無駄に

お笑いナタリー 7月4日(月)12時51分配信

昨日7月3日、映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」の完成披露試写会が都内で行われ、キャストのあばれる君、松本梨香、中川翔子、松岡茉優、山寺宏一、監督の湯山邦彦が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

こおりタイプのポケモン・オニゴーリを演じたあばれる君は「こんなに光栄な役はないので役作りに集中しました。アフレコ前日くらいまでずっと『ゴリゴリゴリゴリー!』って練習していたんですけど、当日行ったら鳴き声は「オニー!」だったんです」と失敗のエピソードを明かす。一方で本番の吹き替えに関しては「ゼロからのスタートだったんですけど、うまくいきましたね!」と胸を張り、湯山監督からは「こおりタイプなのに熱かった」と評された。

また先月6月に生まれた第1子の話題を振られたあばれる君は「無事“パパれる君”になりました。2人目が欲しいなと思いました。すごい数の子供が欲しい」とコメント。さらに具体的な人数について「野球チームとその対戦相手、それをジャッジする審判、そして球場を作る職員……とにかくこの会場くらい欲しいです!」と大袈裟に語り、周りから「1600人くらいだよ!?」と驚かれていた。

イベント中には、子供向けバラエティ番組「おはスタ」(テレビ東京系)のMCを4月に卒業した山寺が、同番組で共演していた松岡への手紙をサプライズで読み上げる場面も。「がんばりすぎてちょっと疲れちゃったとき、思わぬ壁にぶつかっちゃったとき、僕や『おはスタ』時代のみんなのことを思い出して一息ついてくれたらと思っています」という山寺のメッセージに、会場からは温かな拍手が送られている。

7月16日(土)より全国公開される「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」は、アニメ「ポケットモンスター」の劇場版最新作。あばれる君が演じるオニゴーリは、サトシたちと敵対するキャラクター・ジャービス率いる「メガシンカ軍団」の一員だ。

最終更新:7月4日(月)12時51分

お笑いナタリー