ここから本文です

韓国が新国家ブランド発表 「CREATIVE KOREA」

聯合ニュース 7月4日(月)14時39分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国文化体育観光部が4日、韓国国民の「創意」を強調する新たな国家ブランド「CREATIVE KOREA」を発表した。国家ブランドとは国としての認知度や好感度、信頼度など有形、無形の価値をトータルしたイメージを指し、韓国が未来志向で追求していく価値とビジョンが盛り込まれた。今後、周知活動に力を入れる。

 韓国は2002年のサッカー・ワールドカップ(W杯)韓日大会を機に「Dynamic Korea」というスローガンを掲げ、実質的にこれを国家ブランドとして用いてきた。昨年の光復節(8月15日、日本による植民地支配からの解放記念日)70周年を節目に、韓国のアイデンティティーを再確認するとともに、国民と共に国家ブランドをつくり海外に積極的にアピールするという趣旨で、新ブランド事業に取り組んできた。

 3万999件のアイデア公募作品と「韓国らしさ」に関する約127万件のキーワードの分析から、「創意」「情熱」「和合」という韓国の価値を導き出し、専門家の意見を取りまとめ、「CREATIVE KOREA」に最終決定した。

 文化体育観光部は、「創意」は時代の挑戦と変化に対応し韓国を一段階引き上げるために目指すべき価値だと説明。国民が持つ創意の価値を再発見し、自負心を強め、世界で韓国のブランドイメージ向上に努めることに意義があるとした。

 ロゴは太極旗(韓国国旗)をモチーフにデザインした。

 文化体育観光部はブランドのイメージの具現化として、「Exciting Contrast」をテーマに、伝統と現代がぶつかり合って生まれるエネルギーなどを表現するPR映像を製作した。大ヒットドラマ「太陽の末裔(まつえい)」に主演した俳優ソン・ジュンギとソン・ヘギョをはじめ、BIGBANG(ビッグバン)、囲碁棋士の李世ドル(イ・セドル)九段、ピアニストのチョ・ソンジンらが参加した。

 このPR映像を海外メディアで流し、韓国の在外公館や韓国文化院、韓国観光公社、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)などの機関でもブランドの周知活動を展開する計画だ。8月のリオデジャネイロ五輪や2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪などの大規模なイベントでも広めていく。

最終更新:7月4日(月)15時32分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。