ここから本文です

ICカード時代になぜ? 関西私鉄4社が「新たな磁気カード乗車券」発行へ

ITmedia ニュース 7月4日(月)14時0分配信

 関西の私鉄やバス36事業者で使える磁気カード乗車券「スルッとKANSAI」の発行が、来年3月末で終了する。運営元のスルッとKANSAI協議会が7月1日に発表した。「ICカード『PiTaPa』の普及につれ、スルッとKANSAIの利用が減少しているため」(同協議会)という。

【実は普及が遅れている「PiTaPa」】

 その一方で同日、協議会加盟企業のうち4社が、「来年4月から新たな磁気カードを発行し、4社で共通利用を始める」と発表した。利用できる範囲はぐっと狭まるものの、現行のスルッとKANSAI対応カードと同じ仕様のカードを新たに発行するという。

 「ICカードの普及」で役割を終えたはずの磁気カードを、なぜ改めて発行するのか。探った。

●「スルッとKANSAI」発行から20年

 スルッとKANSAIカードは1996年に発行開始。関西一円のJRを除く鉄道やバスをカード1枚で利用できる利便性が受け普及した。現在は14事業者が発行しており、「ラガールカード」(阪急電鉄)、「らくやんカード」(阪神電気鉄道)など発行元によって異なる名称がついている。

 カードの発行は、来年3月いっぱいで終了する予定だ。購入済みのカードは18年1月31日まで利用できる。近畿圏以外で販売している乗り放題券「2day・3dayチケット」の販売も、今年9月30日で終了するという。

●「新たな磁気カード」なぜ発行?

 スルッとKANSAIカード発行終了直後の来年4月から、阪急阪神ホールディングス傘下の4社・阪急電鉄、阪神電気鉄道、能勢電鉄、北大阪急行電鉄が新たに、スルッとKANSAIと同じ仕様の磁気カードを発行する。

 スルッとKANSAIは36事業者の鉄道・バスで利用できたが、新たなカードで共通利用できるのはこの4社のみ。そんなカードをなぜ改めて発行するのか――阪急電鉄にたずねたところ、理由は、「乗り越し」にあるという。

 「磁気定期券や回数券をお持ちのお客様が、乗り越しで利用されるニーズがまだまだある」(阪急電鉄の広報担当者)

 関西の私鉄では、磁気式の定期券や回数券を使って区間より先まで乗り越す際、降車時に定期券・回数券に重ねてスルッとKANSAI対応カードを改札機に入れると、乗り越し額を自動精算できる仕組みだ。乗り越し精算機に並ぶ必要もなく利便性が高い。

 一方、スルッとKANSAI協議会が発行するIC乗車券「PiTaPa」は、磁気式の定期券や回数券と併用できない。また、クレジットカードとセットになっていることが多く、発行までに時間がかかるなど、利便性に劣る面があるため普及が遅れている。

 関西では磁気式の回数券もよく利用されている。「1円でも安く乗りたい」という意識が強いためか、通常運賃より割安なバラ売り回数券は、金券ショップの人気商品。回数券を1枚ずつ購入できる自動販売機(運営元は金券ショップ)が駅前に設置されていることも多い。

 首都圏では珍しくなってきた磁気式の乗車カード。関西の私鉄ではまだしばらく現役を続けそうだ。

最終更新:7月4日(月)15時26分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]