ここから本文です

「フリクリ」続編で貞本義行が新キャラをデザイン、音楽はthe pillowsが続投

コミックナタリー 7月4日(月)12時54分配信

アニメ「フリクリ」の続編プロジェクトが、株式会社プロダクション・アイジーと米国カートゥーンネットワークの共同制作で進行している。その続報が、ロサンゼルスにて開催中のAnime Expo 2016にて発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

前作のキャラクター原案を手がけていた貞本義行が、続編でも新キャラクターのデザインを担当。また音楽も引き続きthe pillowsが手がけ、劇伴とテーマソングを提供することが明らかになった。今後も続報に期待が高まる。

「フリクリ」は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を手がける鶴巻和哉の初監督作品。GAINAXとProduction I.Gが制作を担当し、2000年から2001年にかけてOVA作品としてリリースされた。続編は鶴巻がスーパーバイザーを担当し、総監督は「PSYCHO-PASS サイコパス」で知られる本広克行が務める。カートゥーンネットワーク社のAdult Swim内“Toonami”枠での放送になり、開始時期は2017年末または2018年初頭を予定。

最終更新:7月4日(月)12時54分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。