ここから本文です

しゃもじがファンとの交流楽しむ、地元沖縄でDVD発売イベント

お笑いナタリー 7月4日(月)13時8分配信

沖縄・イオンモール沖縄ライカムにて昨日7月3日、しゃもじのDVD「ダンチングヒーロー」の発売記念イベントが開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

共に沖縄出身のしゃもじが「どうもー!」とステージに姿を見せると、地元のファンからは温かい拍手と歓声が。フリートークのコーナーで、しゅうごパークが「イベント前日にライカムのDVD売り場を見に行った。大きなPOPがあり、うれしくなって記念撮影をしようと店員さんに声をかけて撮影を頼んだところ、本人だと気付かれなかった」と話して来場客の笑いを誘った。

地元でのイベントということもあり、会場には2人の両親や親族の姿も。たーにーは「親族ばかりがDVDを買うと、親族とばかり写真撮影会をすることになるから、みんなDVD買ってー!」と呼びかける。その後、2人は漫才で会場を大いに沸かせたほか、DVD購入者との撮影会やサイン色紙の手渡し会に臨み、ポーズのリクエストへ快く対応するなどファンとの交流を楽しんだ。

「ダンチングヒーロー」は先月6月にリリースされた、しゃもじにとって初のDVD。10本のネタと、音声特典「しゃもじによるネタ解説コメンタリー」が収録されている。

DVD「ダンチングヒーロー」
本編
01.「成長」02.「旅行会社」03.「栄冠は君に輝く」04.「聞きまちがい」05.「ひゅーどろどろ」06.「カツアゲ」07.「良薬は口に苦し」08.「パパ」09.「BAR」10.「死にきれんぞ」

音声特典
しゃもじによるネタ解説コメンタリー

最終更新:7月4日(月)13時8分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。