ここから本文です

1年以内に映画館に行った人は全体の38.7%…10代の鑑賞率増加も

シネマトゥデイ 7月4日(月)20時32分配信

 6月上旬に全国の10代~70代の男女3,207名を対象にしてインターネット上でアンケートを実施したNTTコム リサーチが、「第5回 『映画館での映画鑑賞』に関する調査」の結果を発表した。直近1年以内(2015年5月~2016年5月)に映画館で映画鑑賞をした人は全体の38.7%で、初めて4割を切った前回調査(2015年)より2.8ポイント上昇。それでも4割に戻すことはできなかった。

直近1年以内で最大のヒット!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』メイキング映像

 世代別で見ると最も鑑賞率が高かったのは10代で、男性10代は55.7%、女性10代は62.0%。男性10代については、過去4回の調査の中で最高の鑑賞率となった。10代は鑑賞本数についても増加傾向にあり、年間2本以上観る複数本鑑賞者の割合が増加。女性10代では年間5~11本鑑賞者が全体の3割に達した。鑑賞率が高い上に鑑賞本数も増加しているとあって、映画興行における10代の活況を印象付ける結果となった。

 そんな10代が直近1年間で観た映画ジャンルに関しては、男性10代では「邦画アニメ」、女性10代では「邦画実写」の鑑賞率が特に高いという他世代にはない傾向がみられた。アニメ映画や少女漫画の実写化作品のヒットは、10代男女が支えているといえるだろう。ちなみに「洋画実写」は男女ともに年代が下がるほど鑑賞率が下がっており、ヒットを目指すなら10代男女をいかにして取り込むかを考える必要がありそうだ。

 また、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年12月18日公開)が公開されたとあって、男性10代のみならず、男性の各年代で前回調査よりも鑑賞率が上昇。一方、女性では10代を除く各年代で、2012年調査から続く低下傾向が継続した。(編集部・市川遥)

最終更新:7月4日(月)20時32分

シネマトゥデイ