ここから本文です

TAKAHIRO謝罪…“嘘”にファン4,000人が大ブーイング

シネマトゥデイ 7月4日(月)20時49分配信

 映画『HiGH&LOW THE MOVIE』完成披露プレミアイベントが4日、都内で行われ、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典ら EXILE TRIBE メンバーをはじめ、窪田正孝、林遣都ら俳優陣、総勢50名のキャストが4,000人のファンの前に集結、その中でTAKAHIROが女好きでないことを公言すると会場中から大ブーイングが起こった。

【写真】窪田正孝、ビクビク?

 本作は、ドラマ、コミック、ライブツアーなどさまざまなエンターテインメントを巻き込んで展開するビッグプロジェクト「HiGH&LOW」の映画版。アツい男たちの最終抗争が描かれる。

 劇中、TAKAHIROは登坂と兄弟を演じており、「日頃から呑みに行ったり、プライベートな時間を過ごすことが多いので、そのままの雰囲気で演じることができました」とにっこり。自身演じる兄・雅貴が、登坂演じる弟・広斗に振り回されることについても、「お兄ちゃんの話を聞きなさい」という雅貴の台詞を持ち出し、「飲みに行っても(登坂は)全然話を聞いていないことがある。こっちは熱く話しているのに、1人ぽか~んと明後日の方向を見ている。それも役と同じですね」と皮肉交じりに語り、笑いを誘った。

 続けて「雅貴の女好きのところは日頃(の自分)と違うので、役づくりが非常に難しかったです」と話すが、ここで客席からは「え~~~」と大ブーイング。それを受けてTAKAHIROは「え~じゃないっ!」と喝を入れるが、鳴りやまないブーイングに、ついには「ごめんなさい。嘘つきました」と女好きであることを認めて(?)謝罪。会場はようやく落ち着きを取り戻した。

 そんな中、熱狂的ファンに戸惑い気味の窪田は「全体的に怖くて圧倒されてます……」とビクビク。林は「こういう歓声の前に立ったことがないので、テンション低く見られるかもしれませんが、メチャクチャ噛みしめてます」と密かに EXILE TRIBE ワールドを満喫していることを明かし、ファンを喜ばせていた。(取材/錦怜那)

『HiGH&LOW THE MOVIE』は7月16日より全国公開

最終更新:7月4日(月)21時8分

シネマトゥデイ