ここから本文です

桐谷美玲、半開きの寄り目でうたた寝?「最初は閉じているのに…」

デイリースポーツ 7月4日(月)11時59分配信

 女優の桐谷美玲(26)が4日、都内でフジテレビ系主演ドラマ「好きな人がいること」(11日スタート、月曜、後、9・00)の制作発表に俳優・山崎賢人(21)、三浦翔平(28)、野村周平(22)とともに出席した。

 月9初主演の桐谷は海辺のレストランを舞台にしたラブコメディーに挑戦。恋愛ドラマにちなみ、最近ドキドキしたことについて問われると、「出発時間に起きちゃったことがあった。冷静になって最速の動きをする自分はすごい。あのドキドキは経験したくない」と5分で準備を終え遅刻を回避した朝のドタバタに苦笑い。朝のメーク中はまぶたが半開きで、更に寄り目になってうたた寝することもあるそうで、「最初は閉じているんですけど、開いて寄ってきちゃう」と“寝顔”も明かしていた。

 今夏にやってみたいことも“おねだり”した。海辺での撮影が多いことから、「バーベキューしておいしいご飯を食べたい」と要望。三浦が「(ドラマが)ヒットして、最終回に海外ロケへ行けるように頑張りたい」と語れば、桐谷も「どこ行きます?ニューヨーク?海のあるところハワイいいですね」と海を渡った撮影にも期待を寄せていた。

最終更新:7月4日(月)12時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。