ここから本文です

わざわざ問題を起こすな!「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」女優が批判の的

シネマトゥデイ 7月4日(月)22時18分配信

 テレビドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」でターシャ・“テイスティ”・ジェファーソンを演じている女優のダニエル・ブルックスが、空港で差別的な扱いを受けたとツイートをし、批判されている。

【写真】「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」出演者が来日

 ダニエルは6月30日(現地時間)に、「空港ゲートの職員が、わたしのことをまるでファーストクラスに乗ったことがないような目で見ながら、『ファーストクラスなんてラッキーね!』と言うのがイヤ」とツイートをしたのだ。

 彼女としては自分が黒人だからファーストクラスに乗れるのは、まれだと言われたと解釈をしたよう。世間の同意を求めるつもりでツイートをしたようだが、逆に「気にしすぎ」「お高くとまりすぎ」などのコメントが多く寄せられ、つぶやきは削除されることとなった。

 「『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』は大好きだったけど、ラッキーと言われたあなたの過剰反応で第4シーズンを観ることはないわ。自信過剰」「けんか腰は自分をおとしめるだけだから、やめたほうがいい。君はこの国の悪いところを体現しているよ」「あなたが普通の席じゃ入りきらないからファーストクラスでラッキーだって言ったんじゃないの?」など、ダニエルに対する風当たりは強い。ほかにも「人種を手札に使うな」「何もないところにわざわざ問題を起こすな」などのツイートも見られた。(澤田理沙)

最終更新:7月4日(月)22時18分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。