ここから本文です

日テレ・青木アナのジャニーズ愛にファン熱狂「ありがたき!」「最高!」

デイリースポーツ 7月4日(月)12時54分配信

 ジャニーズファンを公言している日本テレビの青木源太アナウンサーが4日放送の日本テレビ系「PON!」で、2日に同局で放送された「MUSIC DAY」に出演した9組のジャニーズ事務所所属のタレントにインタビュー。そのジャニーズ愛あふれるインタビューにネットが沸いた。

 青木アナは、自他共に認めるジャニーズファンで「PON!」内でも「ジャニッPON!」というコーナーを受け持つほどの入れ込みぶり。その青木アナが2日に放送された「MUSIC DAY」に出演したジャニーズアイドル9組にインタビューしたとあって、ネットは騒然。ツイッターではトレンドワードに「青木アナ」があがるなど、注目が高まった。

 最初にNEWSにインタビューする前に、自前のうちわを披露。その後、大ヒット曲「フラワー」を披露したKinKi Kidsには「目の前で2人そろったのを見たのは初めてです!」と大興奮。そして「フラワーは100万枚以上売り上げましたけど、私自身も100万回以上聴いてますから」と“フラワー愛”を熱く語った。

 その後もHey!Say!JUMPの「真剣SUNSHINE」を「私の2016夏のテーマソングです!」と紹介、V6を「V兄さん」と呼び、「私は古くは剛健コンビ、その前の平家派から見ております」と光GENJIのバックダンサーとして招集された「平家派」時代から応援していたことを明かすなどその愛は止まらない。

 これを受け、ネットでは「青木アナありがたき!」「青木アナファン目線だからいいよね」「青木アナ最高」「言いたい事、聞きたい事ピンポイントに言ってくれる青木アナ」と大好評。熱い思いがあふれる青木アナにファンも盛り上がっていた。

最終更新:7月4日(月)13時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。