ここから本文です

【球宴】阪神・藤浪 監督推薦に恐縮「申し訳ないような感じ」

東スポWeb 7月4日(月)17時0分配信

「マツダオールスターゲーム2016」(15日=ヤフオク、16日=横浜)で、阪神から若虎3人が監督推薦で選出された。

 育成枠から登録されブレークした原口文仁捕手(24)が初出場。「マークシートに名前がない中で、あれだけの票を入れていただいてファンの皆さんには感謝しかない」とニッコリ。「(ヤクルトの)中村さんには、いろいろと聞けることはどんどん聞いていきたい」と話した。

 ここまで4勝を挙げ初出場となる岩貞祐太投手(24)は「一生懸命チームのために投げてきたことを見てもらえたのかなと思う」。熊本出身で大学時代を横浜で過ごしたとあって「(球宴の舞台となる福岡と横浜は)両方多く行ったことのある球場。どっちで投げても頑張りたい」と“凱旋試合”に向けて気合十分だ。

 また、4年連続4度目の藤浪晋太郎投手(22)は約1か月間、白星から遠ざかっており「率直にうれしい気持ちもあるが、選ばれるような成績ではないので、不思議な感覚というか、半分申し訳ないような感じ」と苦笑い。昨年は初戦でMVPを獲得する活躍を見せたが「阪神から出場する残りの3人は初出場ということなので、その3人のお供に終始したいなと思う」と控えめだった。

最終更新:7月4日(月)17時0分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。