ここから本文です

「アリス・イン・ワンダーランド」新作が週末動員1位、「アンパンマン」もランクイン

映画ナタリー 7月4日(月)14時56分配信

7月2日から3日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が初登場1位に輝いた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」は、小説「不思議の国のアリス」のその後を描く「アリス・イン・ワンダーランド」シリーズの最新作。ティム・バートンが製作を務め、ジョニー・デップやミア・ワシコウスカが出演している。

2位以降には、宮藤官九郎の監督最新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、4月23日の公開から11週ランクインし続けている「ズートピア」、岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)と高畑充希主演の「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」が並ぶ。

そして5位に、初登場の「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」がランクイン。本作ではおもちゃの星からやってきたゼンマイ仕掛けの姫・ルンダに、波瑠が声を当てている。彼女に手を差し伸べる大柄で優しいロボット・ナンダ役で中川家の弟・礼二が、海の主ヌラ役で兄・剛も参加している。

2016年7月2日~3日の全国映画動員ランキングトップ10
(NEW)「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
(1↓ / 2週目)「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
(2↓ / 11週目)「ズートピア」
(3↓ / 5週目)「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」
(NEW)「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」
(4↓ / 3週目)「貞子vs伽椰子」
(5↓ / 4週目)「64-ロクヨン- 後編」
(8→ / 2週目)「日本で一番悪い奴ら」
(7↓ / 3週目)「クリーピー 偽りの隣人」
(6↓ / 5週目)「デッドプール」
※()内は先週の順位と公開週数※興行通信社調べ

最終更新:7月4日(月)14時56分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。