ここから本文です

【球宴】巨人・マシソン 日本ハム・大谷と“160キロ”対決だ!

東スポWeb 7月4日(月)17時0分配信

 巨人の剛腕助っ人スコット・マシソン投手(32)が4日、セ・リーグの監督推薦で初の球宴切符を手にし喜びの声を上げた。マシソンは4日現在、34試合に登板し防御率3・51、勝ち運にも恵まれチームトップの6勝(2敗)を記録している。

 来日5年目で念願の初出場が決まった右腕は「オールスターは自分の中で重要な価値がある。そこに選ばれてとても光栄。出るまでに時間がかかったし、家族も連れていこうと思うので、彼らの前で投げられるのがとても楽しみ」と満面の笑み。

 全セの指揮を執るヤクルト・真中監督には前日(3日)の試合前に直接感謝を伝えた。「レギュラーシーズンではスライダーも投げるが、そういうことは気にせず、力いっぱい投げられる場なのでそうしたい」と直球勝負で臨む決意を示した。

 剛球自慢だけに、大谷(日本ハム)が2年前に記録した162キロの球宴記録更新にも期待がかかるが「そこは大谷選手に任せたい。自分も思い切り投げたいが、(記録更新は)彼の持ち場だよ」とジョーク交じりにコメント。続けて「彼はスーパースター。投打とも素晴らしい選手はなかなかいない。見ているだけでも楽しい」と絶賛すると「あれだけ速い球を投げる投手が、どれだけ速い球を打てるのかも見てみたい」と夢の“160キロ対決”を熱望した。

最終更新:7月4日(月)17時0分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報