ここから本文です

バンクーバー銀の長島、平昌五輪金目指し現役復帰

デイリースポーツ 7月4日(月)14時30分配信

 10年バンクーバー五輪スピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得し、昨年4月に引退していた長島圭一郎(34)が4日、都内で会見し、現役復帰を表明した。「五輪に向けて、メダルを取れるようにもう一度チャレンジしたいと思った」と18年平昌五輪での金メダルを目標とする意志を示した。

 競技から離れた約1年は、子供たちへの指導を行っており、その中で心が徐々に競技へと傾いていった。「教えながら自分の原点を振り返ったり、考える時間があったりした中で、自分のやり方で挑戦したいと思った。子供たちが楽しそうにスケートをやっていたのに影響を受けたのもある」。

 復帰を考えたのは今春と言うが、昨年の引退後も所属していた日本電産サンキョーを今年1月に退社。今月2日から復帰に向けたトレーニングを本格的に行っていると言う。

 平昌五輪に向けては「1日1日仕上げていくことで見えてくると思う。五輪は自分にとって1番の大会なので、そこで1番を取りたい。ただそれだけです」と語った。現在、新しい所属先やスポンサーを探しており、決まり次第復帰戦のめどを立てていく予定。

最終更新:7月4日(月)14時39分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]