ここから本文です

爆問・太田光代社長 薬物検査義務化を提案「保険がきかない」…14年に元マネ逮捕

デイリースポーツ 7月4日(月)14時37分配信

 爆笑問題・太田光(51)の妻で、所属事務所・タイタンの太田光代社長(51)が4日、都内で、自身がプロデュースした日本酒「三二四の酒」の発表会見を開催。女優・高島礼子(51)の夫で元俳優の高知東生容疑者(51)らの逮捕など、芸能界を騒がせている薬物問題について触れ、薬物検査の義務化を提案した。

【写真】太田光 元マネジャーの薬物報道を謝罪

 会見で太田社長は、爆笑問題の元マネジャーの男性が13年に覚せい剤取締法違反で逮捕されたことに言及。「当時、注意力が散漫だったので、脳腫瘍じゃないかと疑ったけど、薬物だとは気づかないものです」とし、夫の薬物使用を認識していなかった高島を思いやった。

 元マネは12年11月に自動車事故を起こして解雇され、翌年、覚せい剤で逮捕された。その後の裁判で10年ごろからの常用が明らかになっている。太田社長は事件が明らかになった14年、自身を含めた社員とタレントに薬物検査を実施することを表明していた。

 太田社長はこの日の会見で、「弊社は毎年、抜き打ちで薬物検査をしています」と説明。「1人2万円かかるんですよ。保険がきかないので…」と負担の大きさについても触れ、「だから、一般企業も含めて全社に義務づけたらいいんじゃないですか。そうすれば保険も適用されるでしょうし」と持論を展開した。

 高島が高知容疑者との離婚も念頭に置いているとの報道には「別れた方がいいんでしょうけど、これはご本人たちの問題ですから…」とコメント。「ただ、ホテルで女性と2人で、裸でいて、『愛人じゃなくて知人です』は通らないでしょ。私ならその時点で、即離婚ですよ」と、高知容疑者の“言い訳”をバッサリ斬っていた。

 また、所属タレントでもあり顧問弁護士でもある前大阪市長の橋下徹氏(47)の都知事選出馬説にも触れ、「問い合わせがあまりに多いんで、この場をお借りして…。ありません!」と完全否定した。

最終更新:7月4日(月)14時46分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。