ここから本文です

【球宴】中日・ビシエド 監督推薦に感謝「オールスター、ガンバリマース!」

東スポWeb 7月4日(月)17時57分配信

 中日のダヤン・ビシエド外野手(27)が来日1年目にして球宴の監督推薦に選出された。「とても光栄でうれしいです。打席に立てるチャンスをもらえるなら自分の仕事をしたい」と意気込み、日本語で「オールスター、ガンバリマース!」と笑顔で話した。

 4日現在、リーグ3位の17本塁打を誇るが、全セの同じベンチに入るヤクルト・山田哲人内野手(23)は打撃3部門と盗塁でトップに立ち、本塁打では11本差もつけられている。

 それだけにビシエドは「別に山田とはけんかをしているわけでもないし、チャンスがあれば話をしてみたい。今まで見た中でも一番いい打者だと思う。尊敬している」とベタ褒め。後半戦でのさらなる打棒爆発の極意を、日本を代表する和製大砲から盗むことができるか。

最終更新:7月4日(月)17時57分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。