ここから本文です

最下位転落の阪神、今季初の野手指名練習敢行

デイリースポーツ 7月4日(月)15時16分配信

 阪神が4日、若手選手を中心に約1時間半の打撃練習を行った。神宮外苑の室内練習場で、当初予定されていなかった若虎たちの特打を敢行。平田チーフ兼守備走塁コーチのゲキが飛ぶ中、昼過ぎまで特訓は続いた。

 3日・中日戦(ナゴヤドーム)で3-8の完敗を喫し、最下位転落が決定。試合後のコーチ会議で、野手による今季初の指名練習が決まった。

 この日は岡崎、梅野、原口の捕手3人に加えドラフト1位・高山(明大)、江越、中谷の計6人が参加。片岡打撃コーチは「何かきっかけをつかんでほしい。ここには成長が見込める選手が来ているし、これからの期待も込めてね」と練習の意図を明かした。

最終更新:7月4日(月)16時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報