ここから本文です

ユチョン(JYJ)、“第2の女性”を虚偽告訴罪で告訴

WoW!Korea 7月4日(月)18時33分配信

性的暴行容疑で4件の告訴をされている韓国歌手で俳優のパク・ユチョン(30)が、最初の告訴人Aさんに続いて、2番目に告訴した“第2の女性”Bさんを告訴した。

ユチョン(JYJ)のプロフィールと写真

 ソウル・江南(カンナム)警察署は、ユチョン(JYJ)側が4日午前にBさんに対する虚偽告訴罪で告訴状を提出したと明らかにした。

 Bさんは、昨年12月16日にユチョンから性的暴行を受けたとして、ことし6月16日にユチョンを告訴した。

 ユチョンは、性的暴行容疑で告訴してその後告訴を取り下げたAさんと、Aさんの親戚のお兄さん、Aさんの交際相手の男性とされる人の計3人を先月20日に告訴している。

 ユチョン側はAさんらを告訴した際に、「ユチョンに関する分別のない告訴を見て、警察の捜査結果を待ってから対応するのが無意味だと思った」とし、それ以降の現れた女性たちに対しても事実関係が把握でき次第、強く対応する方針だと明らかにしていた。

 ユチョンは他に、2014年6月12日にユチョンの自宅トイレで性的暴行を受けたと主張するCさん、昨年2月に江南にあるカラオケスナックのトイレで性的暴行を受けたと主張するDさんから告訴されている。

最終更新:7月4日(月)18時33分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。