ここから本文です

LINE 株式公開価格の仮条件を引き上げ

聯合ニュース 7月4日(月)19時5分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の検索サイト最大手NAVER(ネイバー)の100%子会社で無料対話アプリを手掛けるLINE(東京都渋谷区)は4日、株式の公開価格の仮条件を1株当たり2900~3300円に変更すると発表した。

 LINEは先月28日、株式公開価格の仮条件を2700~3200円としていた。

 LINE関係者は「英国の欧州連合(EU)離脱問題の影響が落ち着き、日本の証券市場の雰囲気が改善した」として、「市場動向と投資家の反応などを総合的に考慮して引き上げた」と説明した。

 LINEの株式公開価格は11日に正式決定する。日本で1300万株、米国で2200万株を発行する。また、525万株のオーバーアロットメントによる売り出しを行う。

 LINEの東京証券取引所と米ニューヨーク証券取引所への上場予定日はそれぞれ現地時間の15日と14日。米通信社ブルームバーグは今回の上場による調達額は最大1328億円に上ると推計した。

最終更新:7月4日(月)19時42分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。