ここから本文です

【東京キャンピングカーショー16】人気の軽…最安100万円台の4か5か、200万円前半の“荷物”か

レスポンス 7月4日(月)22時15分配信

300万円前後の“フル装備版”が主流の軽キャンピングカーグループで、100万円台、200万円前半という手ごろ感で売り出すタイプに、エントリーユーザーなどの注目が集まっていた。

[関連写真]

神奈川県藤沢市のオートワンは、今回のショーで“最安グループ”に入る「ピッコロキャンパー+」を出展。スズキ『エブリイワゴン』と日産『NV100クリッパー』のハイルーフ仕様がベースのピッコロキャンパー+は、「自分スタイルにカスタマイズするDIY好きに人気のモデル」で、サブバッテリー、走行充電システム、脱着式センターテーブル、就寝マット・ミニクッション、カセットコンロ、オーバーヘッドキャビネットなどが標準装備されたモデル。「これだけで“暮らせる”」というシンプルなつくりで約150万円だ。

また、フジカーズジャパンの「FOCS Gt2」は、5ナンバーで唯一のハイルーフタイプ、ホンダ『バモスホビオ』がベースで、約175万円。80Aサブバッテリー、250Wインバーター、外部電源コンセント、上部収納棚(テーブル天板設置タイプ)、組立式ベッド、跳ね上げ式サイドテーブル&大判テーブルなどが標準で装備される。担当者は「バンよりもやっぱり乗用車がいいよね、というこだわりを持った人が時間をかけて見ていく」と話していた。

いっぽう、軽トラにキャビンを載せるという発想の“軽トラキャン”にも注目が集まった。軽トラの荷台に載るキャビン『J-cabinMiniW』は、「大自然の中にひょっこり現れたカフェエリア」がテーマ。ダイネットソファーベッドや上部スライド式ベッド、105Aサブバッテリー、バーナー付きシンクセット、ネットスクリーン付二重ドアなどが標準で装備されて、キャビンのみ(軽トラ車両代を除く)で約220万円。こちらは軽トラに積む“荷物”という扱いなので「走行中はキャビン内に入れない。運転席・助手席の2人が、停車して、後ろのキャビンに入ってゆっくり過ごすというイメージ」と担当者は説明していた。

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:7月4日(月)22時15分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。