ここから本文です

[芸能]キム・ウビンとスジの共演ドラマ 制作発表会

聯合ニュース 7月4日(月)20時11分配信

【ソウル聯合ニュース】俳優のキム・ウビンとガールズグループmiss A(ミスエー)のスジが主演するKBS第2ドラマ「むやみに切なく」(原題)の制作発表会が4日、ソウル市内のホテルで行われた。

 同ドラマは、子どもの頃に悪縁で離れ離れになった傍若無人なトップスター、シン・ジュンヨン(キム・ウビン)と卑屈で俗物的なドキュメンタリー・プロデューサーのノウル(スジ)が再会し、恋に落ちていくラブストーリーを描く。

 演出を担当したKBSのプロデューサー、パク・ヒョンソク氏は、ドラマについて「愛を通じ皆が癒される物語であり、愛がどのようにして世の中を救うことができるかに関する物語だ」と説明した。

 キム・ウビンとスジは「あらすじだけを読んで出演を決めた」と声をそろえた。

 キム・ウビンは「最後のシーンが胸に響いた」と、あらすじを読んだときの感想を述べた。

 スジは「現実と妥協して俗物的になっていくノウルはとてもいとおしく魅力的である一方で、ふびんでもあり、共感できる部分が多い人物だ」と語り、自身が演じる役に対する愛情を示した。

 6日に放送がスタートする同ドラマは、放送前に撮影と編集を終えた事前制作ドラマで、中国など10カ国以上で同時放送される予定だ。

最終更新:7月4日(月)20時11分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。