ここから本文です

【CBC賞】レッドファルクス 高速Vで分かった「中京攻略法」ヒントは二刀流!

東スポWeb 7月4日(月)21時10分配信

 サマースプリントシリーズ第2戦のGIII・CBC賞(3日=中京芝1200メートル)は、3番人気のレッドファルクス(牡5・尾関)が豪快な差し切りで重賞初制覇。その鮮やかな勝ちっぷりとともに注目したいのは1分07秒2の速い勝ち時計だ。3月の高松宮記念の週を境に高速トラックに激変――この一戦から導き出された中京コースの“新セオリー”とは?

 このレースに参戦してきた馬の思惑は様々だ。しかし、ここまでの高速決着を予想していた陣営はなかったのではないだろうか。

「梅雨時期でもあるし、開幕週はエアレーション(土壌の更新作業)の効果も大きい。昨年までの結果を見ても、速い時計の決着はありませんでしたから」と勝ったレッドファルクスの尾関調教師でさえ“想定外”の状況だったことを告白する。

 同馬の勝ち時計=1分07秒2は新装後のCBC賞レコード。上がり3ハロンの32秒7も自身のキャリアで最速だ。

「これほどの時計で走れるとは。馬に申し訳ない気持ちですね。得意の左回りということもあり、秋はJBCスプリント(11月3日=川崎ダート1400メートル)参戦も視野に入れていたんですが、これだけの走りを見せられると、今後について再考しなければ」(同師)

 今回の勝利で1200メートルは3戦3勝(芝、ダート合わせて)。陣営の予想を超えるパフォーマンスも含め、この路線の新星となりうる素材かもしれないが、あくまで今回はハンデGIII。あえて評価は次走以降(休養に入るかどうかも含めて未定)に持ち越したい。

 むしろ、このレースで注目すべきは関係者の予想に反した中京の高速馬場だろう。前開催の最終週(高松宮記念が行われた)から突如として高速化した中京の芝は、もはやパワー勝負の舞台ではなくなってしまったのか?

「速い時計は出るけど、馬場が硬いというわけではない。長い芝が密集しているので、クッションがすごく利いている」と勝利騎手のM・デムーロ。「僕が乗って未勝利を勝っている馬だし、その後にダートで走ったのも知っている」と続けた。

 前日の古馬500万下を1分07秒7で勝ったダンシングワンダーも未勝利勝ちはダート。もう少しさかのぼれば、前開催最終週の岡崎特別を1分07秒4で勝ったシゲルチャグチャグにもダートの勝ち鞍があった。これがヒントか。

 高速決着=軽いスピード勝負のイメージが強いが、この中京の芝はまだまだパワーが必要。この開催は“二刀流狙い”で馬券を買う手もアリかもしれない。

最終更新:7月4日(月)22時31分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ