ここから本文です

「ポプテピピック」Tシャツ2種、CENSOREDなポプ子の全面プリントなど

コミックナタリー 7月4日(月)18時44分配信

大川ぶくぶ「ポプテピピック」の新作Tシャツ2種が、コスパより10月にリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「サンダーポプ子フルグラフィックTシャツ」では、中指を立てたポプ子のイラストをスペイシーな背景とともに全面プリント。検閲を意味する「CENSORED」の文字が顔面を隠す様は、過激なネタ使いが特徴の「ポプテピピック」にぴったりのデザインだ。一般発売は10月上旬で、7月24日のワンダーフェスティバル 2016[夏]や8月に開催されるコミックマーケット90など、コスパが出展する各イベントでも先行して販売予定。

もう1着の「ポプテピピック サポーターズ ドライTシャツ」は吸水・速乾性能に優れた、運動時に最適のドライ仕様。スポーツ選手のような出で立ちのピピ美が、サッカーボール風にポプ子の頭を抱えるシュールなイラストがあしらわれた。こちらの発売は8月上旬になる。

(c)大川ぶくぶ/竹書房

最終更新:7月4日(月)18時44分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。