ここから本文です

木村沙織、負傷の右小指「初戦間に合えば」 まだ完治せず、真鍋監督は慎重姿勢

デイリースポーツ 7月4日(月)19時37分配信

 バレーボール女子のリオデジャネイロ五輪代表で主将の木村沙織(29)=東レ=が4日、都内で報道陣の取材に応じた。5月の世界最終予選で負傷した右手小指はまだ完治していないが、「8月6日の初戦に間に合えばいいと思う」と、一次予選のヤマ場となる韓国戦に照準を合わせて調整する。

 真鍋監督は「木村は2013年からキャプテンになって変わった。常にチームのことを第一に考えるようになって、自分の話はほとんどしない。主将として死に物狂いでやってくれると思う」と絶大なる信頼を口にした。

 それだけに「まずは初戦の韓国戦で一つのピークに持って行きたい」と木村のフル回転を期待したが、「小指を痛めてまだ本調子ではないので、間に合うかはわからない。無理をさせるのもどうかと思う」と慎重な姿勢も示した。「まずは予選で上位に入って、準々決勝から勝ち上がっていきたい」。長丁場の戦いを見据え、主将との一蓮托生(いちれんたくしょう)を覚悟した。

最終更新:7月4日(月)19時40分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。