ここから本文です

NMB渡辺、卒コン笑顔でお別れ 山本彩は涙

デイリースポーツ 7月4日(月)21時0分配信

 NMB48からの卒業を発表している渡辺美優紀(22)が4日、神戸市内で、卒業コンサート「最後までわるきーでゴメンなさい」に出演。最後まで笑顔全開だった渡辺に対し、WエースとしてNMBを牽引してきた山本彩(22)は涙をポロポロと流した。

【写真】似てる?メンバーの妹がNMB新加入

 卒業コンサートの2日目。渡辺は1曲目の「わるきー」や、2014年に「第5回じゃんけん大会」で優勝して勝ち取ったソロ曲「やさしくするよりキスをして」など、冒頭からみるきーワールド全開。「『本当にこの日がきたんだ』みたいな感じ。きょうが終わるとみんなと(ステージに)立つことがないんだと実感できなくて」と心境を明かし、笑顔いっぱいでパフォーマンスした。

 アンコールでは8月3日発売の新曲「僕はいない」のカップリングで、山本と最初で最後のデュエット曲「今ならば」を披露。秋元康氏が2人の関係をイメージして作詞し、負けず嫌いで自然と距離を置いていた2人の心境を表現。作曲を担当した山本は「今ならば素直に心を開けるんだ」というフレーズに思わず涙をポロポロとこぼした。

 その後はOGも含む1期生が登場し、「卒業旅行」を歌ったが、笑顔の渡辺に対し、山本は「まさかこんなこと(涙)になるとは思ってなかった」と涙で声を詰まらせながら照れ笑いだった。

 渡辺は「約5年半、支えて下さって本当にありがとうございます」と別れを告げ、卒業のソロ曲「夢の名残り」を披露した。全30曲中、28曲を歌い、最後まで笑顔を貫き、集まった6000人のファンの心にアイドルとしての姿を刻み込んだ。

 なお、活動終了日は未定。

最終更新:7月5日(火)0時33分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。