ここから本文です

イチ 米兵に偉業間近の心境問われる 史上初の陸軍基地での公式戦に代打出場

デイリースポーツ 7月4日(月)21時14分配信

 「ブレーブス2-5マーリンズ」(3日、ノースカロライナ州フォートブラッグ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はフォートブラッグ陸軍基地で行われたブレーブス戦の八回に代打で出場し、遊ゴロ。守備には就かず、1打数無安打で打率は・335。メジャー通算安打数は2989本と変わらず、史上30人目の偉業まであと11本のまま。

 米プロスポーツ史上初めて米軍事施設で行われる公式戦として開催されたこの日の試合。チーム練習を行うため、開始2時間半前にフィールドに姿を見せたイチローにすかさず話し掛けたのはアンソニー・ルイス特技兵だった。

 米陸軍特殊部隊司令部を置く、国内最大規模の同基地に配属されて3年目の21歳。高校時代は中堅手だったという同特技兵は「子供のころからずっと見ていた選手と話すことができて最高の気分ですね」と満面笑み。メジャー通算3千安打の偉業にあと11本に迫っていることも知っており、イチローに現在の心境を聞いたところ、「とても高揚している」との答えが返ってきたという。

最終更新:7月4日(月)21時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。