ここから本文です

【MLB】Rソックス、前日の大敗から立ち直りエンゼルスに快勝

ISM 7月4日(月)13時0分配信

 ボストン・レッドソックスは現地3日、本拠地フェンウェイ・パークでロサンゼルス・エンゼルスと対戦し、10対5で快勝した。

 4回まで毎回走者を出しながら得点できずにいたレッドソックスだったが、5回に2死一、二塁のチャンスを作ると、5本のタイムリーで一挙7点を先制。2点差に迫られて迎えた7回にはサンディ・レオン捕手の適時打などで3点を奪い、勝利を引き寄せた。

 ハンリー・ラミレス一塁手が3安打、2打点、レオンが2安打、3打点の活躍で打線をけん引。投げては、先発のショーン・オサリバン投手が6回途中2失点で今季2勝目(0敗)を挙げた。

 また、田沢純一投手は4点リードの7回から3番手として登板し、1回3安打、無四球、2失点の内容。上原浩治投手は田沢のあとを受けて8回からマウンドに上がり、1イニングを三者凡退で無失点に抑えた。

 前日の同カードでは、2対21と大敗を喫したレッドソックス。この日はチーム計16安打と打線が奮起し、エンゼルスとの3連戦を2勝1敗で締めくくった。レッドソックスのジョン・ファレル監督は、「見事に立ち直って掴んだ勝利。シリーズ勝ち越しは強く必要とされていた」とコメントした。(STATS-AP)

最終更新:7月4日(月)13時0分

ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)