ここから本文です

【MLB】M.テシェイラが通算400本塁打到達、両打ちとして史上5人目の快挙

ISM 7月4日(月)17時1分配信

 ニューヨーク・ヤンキースのマーク・テシェイラ一塁手が現地3日、敵地で行われたサンディエゴ・パドレス戦で、メジャー通算400本塁打に到達した。ヤンキースは6対3で勝った。

 テシェイラは、1点リードで迎えた8回、6号ソロを放って通算400本塁打とすると、4対1の9回にも2打席連続アーチとなる7号2ランをライトスタンドへ叩き込み、チームの勝利に貢献。この日は5打数2安打、3打点、3三振、2得点の成績だった。

 通算400本塁打は、スイッチヒッターとしては史上5人目の快挙。過去には、殿堂入りのミッキー・マントル氏(536)とエディ・マレー氏(504)、チッパー・ジョーンズ氏(468)、チームメイトのカルロス・ベルトラン外野手(411)が成し遂げている。

 36歳の主砲は、「400本目は、スタンドに入るかどうか分からなかった。かなり高く打ち上げたから、どのように飛んでいくか誰にも分からなかった」とコメント。しかし、401本目に関しては確信を持てたようで、「あの1発は自分も納得いった」と振り返った。

 また、過去に同記録を達成した両打ち打者たちについて、「全員との縁を感じている。ミッキー・マントルはヤンキースでプレーしていたし、エディ・マレーは自分がスイッチヒッターとなったキッカケの人だ」と話している。さらに、「ブレーブス時代にチッパー・ジョーンズとプレーしたのは、とても素晴らしい経験だった。そして、ここではカルロスも同じシーズンに達成したからね。すごい嬉しいよ」と喜びをあらわにした。(STATS-AP)

最終更新:7月4日(月)17時1分

ISM

スポーツナビ 野球情報