ここから本文です

高島礼子、薬物反応出ず 所属事務所が報告「結果は陰性」

オリコン 7月4日(月)12時36分配信

 女優の高島礼子(51)が4日、所属事務所を通じ、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部から事情聴取および、尿検査を受けた結果、薬物反応が一切出なかったことを報告した。

【写真】8年前…高知東生&高島礼子夫妻の2ショット

 6月24日に夫で元俳優の高知東生(本名:大崎丈二・51)容疑者が、覚せい剤取締法違反(所持)の容疑で逮捕されたことを受け、同30日に高島は京都市内で会見。夫の薬物所持について「全く知らなかった」と話し、京都での撮影合間に事情聴取、検査を受けたといい「結果は数日後」と明かしていた。

 マスコミ宛のFAXでは「先日の会見で高島礼子がご報告いたしました検査について、結果は陰性、つまり高島礼子から薬物反応などは一切出なかったと麻薬取締部から連絡を受けました」と報告した。

最終更新:7月5日(火)11時6分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。