ここから本文です

佐々木希、伊原剛志を口説き落とせるか テレ東“金8”ドラマにゲスト出演

オリコン 7月5日(火)6時0分配信

 モデル・女優の佐々木希が、テレビ東京系ドラマ『ヤッさん~築地発!おいしい事件簿~』(7月22日スタート、毎週金曜 後8:00)の第1話にフリーライターのミキ役でゲスト出演することが明らかになった。俳優の伊原剛志が主演するこのドラマにも、『男はつらいよ』シリーズや『釣りバカ』シリーズをほうふつとさせるマドンナ的なワケあり美女が登場する。

【場面カット】シャンパン片手にニッコリ。男たちを翻ろう

 同ドラマは、原宏一氏の小説『ヤッさん』(双葉文庫)シリーズが原作。東京・築地を舞台に、宿ナシ無一文でありながら食の天才で素性は謎に包まれているヤッさん(伊原)が、同じく宿ナシになってしまった青年・タカオ(柄本佑)とともに、食べ物への愛情のない食のハイエナたちを成敗していく人情喜劇。

 マドンナのトップバッターとなる佐々木が演じるのは、雑誌ライターのミキ。美人でオシャレに手を抜かず流行にも敏感。ヤッさんとタカオと出会い、宿無し師弟コンビのグルメ企画を思いつく。「マスコミ嫌い」なヤッさんを口説くため、タカオに色目を使うなど、読者が食いつく記事を作るために必死な一面も。

 ヤッさんとタカオの周りには毎回のように美女が現れ、淡い恋(?)も描かれる。そこに、ヤッさんの昔なじみの韓国料理店の女主人・オモニ(板谷由夏)や、蕎麦好き女子高生・ミサキ(山本舞香)を加えた女性たちとのやりとりが見どころのひとつとなる。

最終更新:7月5日(火)6時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。