ここから本文です

新王者となった藤本つかさが所属全選手との防衛戦を宣言!

バトル・ニュース 7月4日(月)0時32分配信

 3日、アイスリボン後楽園ホール大会『サマージャンボリボン2016』のメインイベントにて王者・世羅りさvs藤本つかさのICE×∞選手権試合が行われた。

 戦前「世羅に全てを託したい」と言っていた藤本を倒し、世羅がアイスリボンのエースとして全てを背負うことが出来るかに注目が集まっていたこの試合。
 世羅は舞台の師匠となる元・JDスターのMARUのMARUロックマフラーや、元タッグパートナーで引退した成宮真希のユルネバなど藤本に持てる技の全てをぶつけるが、藤本は夏樹直伝・たいようちゃん☆ボムからビーナスシュートを叩き込み3カウントを奪う。

 世羅は「悔しいけど楽しかった。負けても楽しかったって言えるのがプロレスの良いところだなって思います。自分はずっともどかしくて悩んでいるけど、そんな自分をちゃんと卒業してもう一回あなたの対角線に立たせてください。それまで、チャンピオンで居続けて。絶対王者を倒したいんでよろしくお願いします」と藤本と抱き合うが、そこにつくしが乱入し「アイスリボンは世羅りさだけじゃないんだよ!」と叫ぶと世羅と雪妃真矢以外の所属全選手が藤本つかさの対角線へ。

 藤本は「こういうの待ってたわ。いつまでもアイスリボンイコール藤本つかさでいいんですか?私、アイスリボン全選手とタイトルマッチします。誰からしようかな?この前鼻血出された、雪妃真矢から行きましょうかね」と後からリングに上ったメンバーで唯一対角線に立たず同じ側に立った雪妃を指名。
 雪妃は「人生初のタイトルマッチがアイスリボン最高峰のシングルですか。楽しみですよ!」と藤本の前に立ちふさがる覚悟を見せた。

最終更新:7月4日(月)11時45分

バトル・ニュース