ここから本文です

アナ・ケンドリック、「テイラー・スウィフトにはなれない」

ELLE ONLINE 7月4日(月)20時14分配信

オンラインマガジン「The Edit」のインタビューに答えたアナ・ケンドリック。「誰かに“ああしなさい、こうしなさい”って言われると、ちょっとイラつくこともあるわ。でも全体的に見れば、人からそういう人だって見られるのはラッキーだったと思う。人に不機嫌な態度で接するのが、私のコミュニケーションの仕方だってわかってもらえるから」「私はテイラー・スウィフトみたいにはなれない。パーフェクトなミス・アメリカみたいにファンに接して、ファンたちに素敵な経験を約束する、なんてことはね」とコメントしたそう。

アナ曰く「つまり、私に会ったせいでその人がその日1日をダメにするなんてことが起きてほしくないの。私は人に変なことを言って、その人たちにそれが私だと思われるのがうれしい」とか。

いつもフレンドリーなテイラーはもちろん偉いけれど、不機嫌を隠さないアナの無理していない感じはかなり魅力的! それにしても「パーフェクトなミス・アメリカ」って……ここにもアナらしい毒気が。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月4日(月)20時14分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。