ここから本文です

ルヴァン杯・準々決勝の組み合わせ 浦和VS神戸、大宮VS横浜M

埼玉新聞 7月4日(月)6時30分配信

 Jリーグのヤマザキナビスコ・カップから改称されたYBCルヴァン・カップの準々決勝の組み合わせ抽選が3日、東京都内で行われ、13年ぶり2度目の優勝を目指す浦和は1次リーグA組1位の神戸と、11年ぶり出場の大宮は同B組首位の横浜Mと、それぞれ対戦が決まった。

 決勝以外はホームアンドアウェー方式で、第1戦は8月31日、浦和はノエビアスタジアム神戸で、大宮はNACK5スタジアム大宮で戦う。9月4日の第2戦は浦和が埼玉スタジアム、大宮はニッパツ三ツ沢球技場で争う。時間は未定。

 勝ち上がれば10月5、9日の準決勝で浦和は福岡―FC東京、大宮はG大阪―広島の、それぞれ勝者と対戦する。一発勝負の決勝は10月15日に埼玉スタジアムで行われる。

 浦和はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)参加のため決勝トーナメントからの出場。大宮は1次リーグA組で神戸に次いで、4勝2分けの勝ち点14を獲得して2位で通過した。

 準々決勝の他のカードは、昨年のJ1チャンピオンシップ決勝で対戦したG大阪と広島が顔を合わせることになった。もう一つは福岡―FC東京に決定した。

最終更新:7月4日(月)6時30分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報